アメリカ生活

アメリカで出来て日本でできないこと

こんにちは!

今日はアメリカで出来て、日本では出来ないことについて紹介していきたいと思います:)

アメリカに来てから、日本のことをもっと好きになったので「アメリカ最高yeah!」みたいなノリではありません笑

“日本で出来てアメリカで出来ないこと”についても次の記事で書く予定です❤︎

アメリカで出来て日本では出来ないこと

  • 銃の保持が可能
Photo by Kelly Lacy on Pexels.com

銃を集めることが趣味の人がいるほど。映画などで見る銃ストアはもちろんWallmartという日本でいうところのイトーヨーカドーで銃さらにはライフルの購入ができます!!(州によってはガンショップのみのところもあります)銃のセクションに行くと普通に陳列されています。

初回購入の時には、銃所持のための試験を受けて(ネットで事前に問題を見れるので超簡単だそうです)バックグラウンドチェックを受けてクリアしたら銃を持って帰れます。友人の銃購入に付き添った時に実際にかかったのはトータル30分くらい。日本で育った私には武器というか凶器をそんな簡単に無責任に購入出来るなんて信じられないですが、これぞ自国の常識は異国では非常識ってやつですね。彼は$400の銃を買っていました。そして銃弾は50個で$25くらいでした。

銃を買って何をするのかというと、①護身用②銃を打って遊ぶ③コレクションだそうです。カリフォルニアではみた事はないですが、オレゴン州では登山コースがある近くに銃を射っていい場所がありました。的用のコーンを置いて射っていました。戦争用やん!?みたいなライフルを射っている人もいました。ほんまクレイジー。

銃に関する意識としては、本当に州によると思います。彼や友人の出身のコロラド州やネバダ州は銃を家に持っている人がほとんどだそうです。護身用の人が主だとは思いますが、楽しんでいる人も多々いるそうです。私の住んでいるカリフォルニア州では銃に反対の人が多い印象です。アメリカ人の友人が、カリフォルニアはアメリカだけどアメリカ人の言う典型的なアメリカじゃないと言っていました。私にとってのアメリカはカリフォルニアなんですけどねぇ。これだけ銃所持が当たり前で、政府との繋がりも強いとのことで銃規制は大変だそうです。日本のタバコ会社と政府の関係と同じような感じなんでしょうか。

ちなみに、コロナウイルスが流行り初めてロックダウンが始まると発表があってから銃ショップに待っている人の列ができていました。スーパーからは買い占めで商品がなくなり、銃ショップの前には行列が。クレイジーな光景でした。銃ショップもそこら中にあります。何ならダイソーと同じプラザ内にあります。

  • ほぼ100%返品できる
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

びっくりするくらい返品できます。私のクレイジーな友人は一年前に買った登山シューズをたっぷり履いた後にあんまりフィットしないからと言って返品したそうです(BOXとレシートは取っておいたそうです)。もちろん全額返金。あり得なくないですか?

化粧品も開けて、数回使用しても返品できます。服もタグ付けたまま着て返品する人もいるそう。個人経営の洋服屋さんなどは1ヶ月以内、全額返金ではなくクレジット(次回の買い物時に差し引き)などちゃんとルールがありますが、大きいお店はタグがなくてもバーコードさえあればレシートがなくてもクレジットカードの履歴で確認して返品できます。Wallmartは現金支払いでレシートなしでも返品できるそうです。ただし全額返金ではなく、クレジットがもらえます。

お店によりますが、返品されたものは処分だそうです。化粧品店は全部処分するそうです。もったいないですね。でもアメリカ人の感覚的には返品できないものはないと言う感覚です。人によると思いますが私の友人は割と返品しています。笑

  • 大麻を合法で吸うことが可能
Photo by Sharon McCutcheon on Pexels.com

これに関しては本当にびっくりしました。ミリタリー、薬剤師など薬関係の仕事をしている人はいつスクリーニングテストがあるか分からないから吸えないとは言っていましたがそれ以外の人は割と吸っています。もちろん人によりますが、医療従事者で吸っている友人がいます。Weedショップもたくさんあります、しかも最近近所にできたWeedのお店はなんかすごいおしゃれです。

20分ほどそこにいたのですが、仕事帰りのスーツ姿の男性や綺麗な身なりのお姉さん、ファンキーな身なりのおじいさんと色んな層の人がいました。以前は医療用のみ使用可能だったそうですが、今は娯楽用としての使用が合法です。(州による)カリフォルニア州では建物外でのスモークは禁止ですが、ビーチなどでWeedの匂いがしますね。笑 

私はCBDの商品がとってもお気に入りです。クリームを使っているのですが、潤いよし、ハリも良くなるしAnti–agingでめちゃくちゃおすすめです。CBDには大麻から抽出されたエキスのことでいわゆる薬物違反の大麻の作用はありません。アンチエイジングにとってもおすすめです!

  • カジノができる
Photo by Drew Rae on Pexels.com

私がびっくりしたこと。カジノはラスベガスだけではありません!考えてみたらさらそうやなんですが、小さな町にもカジノがあります。私の住んでいるサンディエゴ には中心から1時間くらい離れたところにホテルと共に大きなカジノがあります。利用した事はないのですが、そのカジノから無料バスがダウンタウンや主要エリアに止まるので車の運転の心配しなくてもいいのでお酒が楽しめますね。

今思いつくのはこれくらいなのですが、私が一番びっくりしたのは返品できることです。日本だと返品時に理由を聞かれたり1週間以内だとか色々面倒だし、私だけかもしれないんですが気に入らなくっても返品するって言う発想がありませんでした。

きっと、もっと日本の常識は世界の非常識があると思うので何かネタがあったら記事にしたいと思っています:)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。