beach blue car combi
Roadtrip tips,  Vanlife Tips

ロードトリップ時のヒント&アドバイス

○地図やナビゲーション

ロードトリップをしていると電波がない場所を数時間走ることはザラにありますが、普段から使用していてナビもしっかりしてくれるGoogle MapやApple Mapで十分です。

事前にできる準備としては、Google mapを事前にiPhoneにダウンロードすることができます。電波がない場所でもダウンロードした範囲内であれば問題なく電波がある時と同じように地図も見れるしナビもしてくれます。

事前に地図のダウンロードし忘れたというときは、Googleなどのナビゲーションはアプリを終了させない限りは目的地までは地図が一旦iPhoneにダウンロード?されているため電波がなくても目的地まで案内してくれます。地図アプリ中にミュージックアプリなどを使うのは大丈夫です。ですが、アプリを終了させないようにしましょう。

地図は個人的には必要ないと思いますが緊急時用として、またロードトリップ後に見返したりと思い出にもなりますね。

地図は、事前にAmazonもしくは本屋さんで売っています。観光エリアであればガソリンスタンドのコンビニやCVSなどの薬局で売っている事もあります。

※国立公園のエントランスでもらえる無料の地図は絶対にもらっておきましょう!

○電波とWifi

街中は基本的に電波良好ですが、自然あふれる場所になると電波がありません。

国立公園も案内所周辺以外は電波がないことが多いです。なので、国立公園のエントランスでもらえる無料の地図は必須です。

Wifiが必要という場合は、スターバックスなどのコーヒーショップ、マクドナルドなどのファストフード店、TargetやWallmartなどの大型スーパー、図書館、レクレーションセンターなどで無料Wifiが使用できます。大型スーパーやファストフード店に関しては時々、外の駐車場からも使用できます。笑

○ガソリンスタンド

ガソリン代はガソリンステーションによって値段が違います。ガソリンの質で値段が違いますが、私はもちろん安いところの一択ですね。

また地域によっても値段が変わるので、もし安いエリアを発見したら私は満タンにすることが多いです。あとは小さい町だと高い傾向にあります。私の経験では人口が500人くらいもしくは以下と思われる場所は大体高めになっています。

Maverickというガソリンスタンドではカードを作り、クレジットカードを登録すると毎回ガロン毎の割引がもらえるのとポイントが加算されて食べ物が無料でもらえたりします。Maverick自体もガソリン代が他と比較すると安いのでオススメです。

エリアによっては次のガソリンスタンド間が100マイル(160km)、130マイル(209km)という場所もあります。高速を走っていて「NEXT GAS 130 MILES」という看板があるので、残りのガスを確認しましょう。次のガソリンスタンドまで歩かなきゃいけないなんて悲惨ですから、、、

国立公園によっては数時間運転しないとガソリンスタンドがないという場所もあるので、ガソリンを満タンにすることを忘れないようにしましょう。また、国立公園からガソリンスタンドまでのガソリンも確保するのを忘れないようにしましょう!

○ロードトリップ時に便利なiPhoneアプリ

Google Map ー オフラインになったとき用に先に地図をダウンロードしておくことができます

キャンプサイトに一切お金をかけたくない方は、Google Mapで「BLM」、「Walmart」で検索してください!Walmartは基本的にオーバーナイト駐車OKで、たくさんのバンが停まっています。WalmartがないようなエリアであればBLMで無料でキャンプできます。詳細はこちらの記事で紹介しているので参考にしてください。ちなみに私たちは6ヶ月間、一度もキャンプサイトにお金払っていません。全然いけます。

○ショピング、買い出し

食料品は大きい街での買い物をオススメします!

小さい街だと割引が一切なく単価がとても高いです。(全く同じ商品で1ガロンの水が通常$1なのが小さい町だと$5で売られていました)また卵は週に一回しか入荷しないなど品数も少ないです。

国立公園によっては数時間運転しないとお店自体もないという場所もあるので、ロードトリップの長さにもよりますが最低限の水や食料やスナックなどは常備しておくことをオススメします。

○舗装されていない道路

州立公園や国立公園であっても舗装されていない道を運転する必要がある事もあります。舗装されていないといえど、四駆の車が必要という道路標識(4WD requiredもしくは4×4)がなければセダン車でも問題ないです。舗装されてない道10kmくらい続くけどこの先に本当に州立公園があるんかと思いながら運転していたところ、到着したら大きい駐車場があり結構混んでいたという経験が結構あります。

もし、レンタカーを借りるのであれば四駆がオススメの地域もあります。特にユタ州はダートロードがとにかく多いので四駆だともっと楽しめると思います。バギーを現地で借りるのもオススメです。砂漠の中とか、大きな岩を車で登ったり、何もないただ広大な場所をバギーで走るのめちゃくちゃ楽しいです。

○トイレ

ロードトリップ中、数時間の運転はつきものですよね。基本的にレストランでなければ割とどこでもトイレは借りれます。あとは、公園やハイキングコースの入り口なんかだと公共のトイレもあります。日本のトイレと違って意外と綺麗です。

○シャワー

キャンパーバンだけどシャワーが付いていないよ、乗用車で夜はテント予定だよという方への情報になります!

「Public Shower」で検索すると公共シャワー(地域のレクレーションセンター、サイクリングショップ、ホステルなど)が出てきます。意外と結構あるのでオススメ!値段はエリアによって値段設定が違うので相場は変わりますが、今までで安かったのはユタ州のレクレーションセンターで時間制限なしの$3.5でした。ちゃんとホットシャワーでしたよ!

あとはキャンプするのが前提ですが、キャンプサイトによってはシャワー付きの場所もあります。

○買っておいてよかったもの

シガーソケットチャージャー 絶対にコンセントのプラグ付きのものがオススメです!$20程度で買えて、カメラのバッテリーの充電やMacbookの充電までできます。

ウェットワイプ ー 車内で食事の際の汚れや食後に手を拭くなど、多岐にわたって使えて重宝しています

サングラス ー アメリカの日差しはとても強いので運転時には必須です。日焼け防止にもなりますね。

Q&A

Q.アメリカの高速道路事情について教えて欲しい。

A.アメリカの高速道路はフリーウェイと呼ばれていて基本的に無料です。Toll laneと言って有料レーンがありますが部分的にです。なので間違えて運転しなければ請求されないので大丈夫です。右側が制限速度で走っているレーンで、左側にいけば行くほど追い越しレーン(という名の早く運転したい人たち用です笑)一番左レーンで遅く運転していたら煽られますのでご注意を笑

そして、無料なのでサービスエリアやガソリンスタンドやトイレ休憩場所はありません。というわけで、高速を一旦降りてガソリンスタンドに寄ります。どこのガソリンスタンドにもお店が併設されておりトイレもあり、飲み物や食べ物が買えます。長距離ドライブの際にはぜひ休憩しつつ、アメリカのお菓子や飲み物などお店で売っているものを見るのも楽しいですよ。

※アメリカの道路法でスピード制限がありますが、交通量の多いところであればあるほど、70マイル/時間のところを50マイルとかで走ってたら警察に止められてしまうかもしれません。日本でも一緒だとは思いますが遅く運転していることによって、周りのスピードの流れに乗っていないからという理由です。ユタ州、アリゾナ州、ネバダ州では80マイル/時間をみましたが、これって約128km/時間ですよ。日本では考えられないですね。

Q .万が一、鍵を車内に閉じ込めてしまったらどうしたらいいですか。

A.加入している保険会社に連絡しましょう。レンタカーなら、レンタル会社に電話したらそっからどうにかしてくれるかも?とにかく、保険会社もしくはレンタル会社に連絡しましょう。筆者はこれしでかしました。しかも結構な山の上で。そして、最寄りが小さな小さな町だったので5km歩き+ヒッチハイクして車で20分ほどかけて山を降りてもiPhoneの電波が繋がらない!彼と一緒だったのでヒッチハイクしてさらに電波のあるところまで出ましたが、そこから保険会社と電話して、業者との連絡などで時間がかかり。最寄りの業者が2時間ほど離れたところにしかないとのことで、結局一日かかりました。なので、鍵の管理はご注意くださいませ。ちなみに、もちろん街中だったらすぐに開けてもらえるので大丈夫ですよ。

Q.何か必要な持ち物はありますか。

A.パスポートやESTA、国際免許、日本の運転免許証は必須です。あとは、日本での旅行と特に何ら変わりないかなと思います。

持っておいた方がいいなと思うのは、日焼け止めとサングラスや帽子です。アメリカの日差しはとにかくめちゃくちゃ強い。空気が乾燥している分、日差しが届きやすいのでしょう。汗をかいてもすぐに蒸発してしまうため、水分不足になりやすいそうです。

Q.オススメの観光場所はありますか。

A.たくさんあります!!アメリカはめちゃくちゃ広いですが、やはりロードトリップをしている人が一番多いのはユタ州、アリゾナ州周辺になります。会う旅人、旅人にユタ州はもう行った?素晴らしい州だよと一番人気はやはりユタ州でした。

そしてこのサイトでもTRAVEL DESTINATIONのページからオススメの観光スポットのレポートをしていますのでぜひチェックしてみてください!

他にも何か質問があればご連絡ください!追加させていただきます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。